50代からの心地良いお洒落のためのブログ

ニットと布帛を切替えた重ね着風トップス♪袖丈を短くお直し

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

こんにちは(*^^*) セレクトショップネオです♪

ニットと布帛を切り替えた重ね着風トップスはもう定番アイテムになりました。
中にシャツを着て上からニットを重ね着している様にみえる、なーんちゃってトップスは、一枚で着ることが出来てとっても便利です。

今日は重ね着風トップスのお袖丈を短くお直しします。

こちらも過去の重ね着風トップスのリメイクです。是非ご覧ください(^^)v
ニットリメイク 袖丈 衿ぐり

S様♡いつもありがとうございますm(__)m
星プリントの白シャツに黒いニットを重ね着している様に見えるこの子は、お袖が長~~いんです。
odemai水玉切替ニット1

平たく置くとこんな感じです。
odemai水玉切替ニット2

odemai水玉切替ニット3

お袖丈を約10cm短くします。
バランスをとって、ニット部分と布帛部分でカットして調整します。
odemai水玉切替ニット4

リブ編み切替え位置に布帛の袖を叩いています。
odemai水玉切替ニット5

外します。なんだか雰囲気が怖い感じ…?
odemai水玉切替ニット6

今回の子は、↑過去記事と違う、それぞれカットして接ぎ合わせる方法です。
odemai水玉切替ニット7

ニットにホツレ止めの捨てミシンを一回掛けます。
odemai水玉切替ニット8

リブ部分と袖を重ねてから布帛の袖を重ねます。
odemai水玉切替ニット9

4本糸2本針ロックミシンを掛けて接ぎます。
odemai水玉切替ニット10

アイロン様で落ち着かせて、
odemai水玉切替ニット11

ボタンと一緒にロールアップ用のタブを付けます。
細番手のニットなので、タブを叩き付けない方が綺麗です。
odemai水玉切替ニット12

裏側です。
odemai水玉切替ニット13

ビフォーアフターです。
行動派のS様♡一枚で!軽やかに♪楽しいご予定達を満喫して下さいね(@^^)/~~~
odemai水玉切替ニット14


リメイク&お直しは、ネオの商品をお客様に合わせてネオの店長がさせて頂いております。
 お買上げ時のリメイク&お直しの技術料金はサービスです(^^)v

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます!cid_01@170412_014611.gif

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です