50代からの心地良いお洒落のために♡

こんなお直しもやってます

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

♡これで大丈夫

ご訪問ありがとうございます(*^^*)
豊中セレクトショップネオです♪
50代からの心地良いお洒落をモットーに、
ネオ独自のアレンジで
大人のコーディネートをお手伝いさせて頂きます(*^^)

プロフィールページ只今作成中ですので少々お待ちください。
プロフィール

最近お直しのブログが少ないね…と数人のお客様からご指摘があったので、今日はお久しぶりにお直しのご紹介です。
お直しの記事が少ないのはシーズン始めで新商品のご紹介が優先されているのもありますが、お直しラッシュ状態で過程を写真撮りする間が無いというのが実際のところで^^; 相も変わらず日々様々なアイテムと格闘しております。
一型でも多く写真撮りして、商品紹介の合間にまたご紹介させて頂きますので、宜しくお願い致します(^^)v
今日のお直しはちょっとマニアックかもしれませんがご覧ください。

後がラッフルになった長めのお袖と可愛いシルエットが体型をカバーしてくれるチュニックです。
脇ほつれ2

こんな感じの脇が、
脇ほつれ3

「着た時にビビッといっちゃったんです
裂けてほどけてしまいました。
脇ほつれ4

ほどけた部分を重ねて縫い込む事も考えましたが、そうすると全体の寸法が若干小さくなってしまって、また裂ける可能性もあるので、切替えてしまおうかと。
それにシャリ感のあるコットンのカットソーは、一度縫うと生地に針目の穴が開き、実は中々縫い直しが難しい素材でもあるのです。
脇ほつれ6

なので、こんな感じで
脇ほつれ7

切替え布のパターンを作って、
脇ほつれ8

メーカーさんに手配して頂いた共布をカット(日本製品は助かるぅ!!)
切替え布を2枚仕立てにするので、前後2枚ずつです。
脇ほつれ9

脇ほつれ10

スリット止まりに力芯を貼ってからスリット部分を中縫い。
脇ほつれ11

切替え布をでんぐり返して、カットした脇と接ぎ合わせます。
脇ほつれ12

こんな感じで接ぎ合わせたら、
脇ほつれ13

中間アイロン様で身頃高に倒してコバステッチを叩いて落ち着かせ、裾も本体から繋げてステッチを叩きます。
脇ほつれ14

最終アイロン様で仕上げて出来上がり、表側と裏側です。
脇ほつれ15

元はこういう仕立てでした。
脇ほつれ5

ビフォーアフターです。
脇ほつれ17

夏後半にお買上げ頂いて、今年の残暑で未だ活躍しているコットンのチュニック。
これでシッカリ脇が補強安心して着てください(^^)v
脇ほつれ16

♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 

今日も最後までご覧頂きましてありがとうございました。
良い一日になりますように☆

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です