50代からの心地良いお洒落のためのブログ

ジャケットサイズお直し もう少し大きく 心地良くきちんと着たい

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

ジャケットサイズの直し方

ご訪問ありがとうございます。
豊中セレクトショップネオです♪
50代からの心地良いお洒落をモットーに、
ネオ独自のアレンジで、
大人のコーディネートをお手伝いさせていただきます(*^^*)

今日は、お久しぶりにお直しのご紹介です。
心地良い大人のお洒落のために、キチンと系のジャケットを、体にしっくりフィットするサイズでキチンと着て頂きます。
11号のこのジャケットを、G様に合わせて肩幅はこのまま13号位の身幅、袖幅になるようにお直し致します。
今日もちょっと長いです(^^;

玉縁ポケットにダーツとパネル切り替えが入った総裏仕立てのジャケットです。

玉縁ポケットがあるので、パネルラインでの調整が難しくなります。
脇に切り込みを入れて共布でマチを入れ、切替えのデザインにします。

お馴染みの解体図(^^)v

ここにマチを入れて接ぎます。

見頃とマチを接ぎ、中間アイロン様で縫い代をしっかり割ります。

続いてお袖です。
縫い代が多めに付いているので袖幅は縫い代で調整します。
補強も兼ねて縫い線に掛かるように接着テープ芯を貼り、袖付け線からエルボラインまでで幅を出し、袖口に繋げます。
過程の写真がなくてスミマセン(^^;

身頃の袖ぐり線と袖の付け線を綺麗に引き直して袖を付けます。

次は裏地です。
裏地はキセ分で調整します。
今回は袖の縫い代も裏地のキセも比較的多めに付いていたのでラッキーでした☆
縫い代が少ない場合は、内袖を新たに裁ち直すか、切替え線でつぎ足す事になります。

裏地は結構ずれ易い、、、、
ので、しっかりしつけをしてから袖ぐりを縫います。
裏地でとったタブを遊びを持たせて付けて、身頃と袖を留めます。

最後に裾です。
どんでん返し部分を残して表地と裏地の裾を縫い合わせます。

どんでん返し☆
総裏仕立ての物を直す時、複雑な形のものは頭がこんがらがってフィニッシュまで気が抜けません。
今回は基本の総裏ジャケットだったので迷いなくどんでん返し(^^)v

返し部分をまつって出来上がりです。

ビフォーアフター

ビフォー写真が傾いていますね(^^;
元々のサイズが11号、同じ11号と言ってもメーカーによってサイズは様々。
アイテムやデザインによってもサイズどりは変わります。
ちょっと小さめの11号のジャケットをG様用13号にお直し完了です。

脇に入れたマチです。
生地反違いの色の差が心配でしたが、馴染んでくれて良かったです。
あまりデザインを変えたくない形のものに脇のマチを入れる時は、吊革をつかんだ時に「回りから不自然に見えないように」をある程度の基準にしています。
リメイクの心得その②元からこういうデザインです。
です(^^)v

追記♡お直しのこと

今回のジャケットは、同じ素材のスカートがあって上下セットになります。
最近こういうキチンとしたスーツ感覚のものが少なくなって、お仕事をもつ方やキチンとスーツが必要な方達は、ご自分の好みに合ったものを探すのに大変苦労されています。

当り前ですが、キチンと系のジャケットはキチンと見せたい時に着るものです。
ぴったり体に合っていないと何となくだらしなく見えてしまいますし、大事な打合せや会合の最中に身の回りを気にしていたら、本題に集中出来ずせっかくのシーンが台無しになってしまうかもしれません。
着ていることを忘れるくらい着心地の良い洋服で、大切な一日を頑張ってください!
何回も袖を通して貰える子に仕上げてお嫁に出します(^^)v

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です