50代からの心地良いお洒落のためのブログ

ネオのお直し 可愛いブラウスの大胆な後開きを当て布で解消

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!




ご訪問ありがとうございます。
豊中セレクトショップネオです♪
50代からの心地良いお洒落をモットーに、
ネオ独自のアレンジで、
大人のコーディネートをお手伝いさせていただきます(*^^*)




本日は、ネオのお直しをご紹介させて頂きます。
毎日やってるお直し作業、今お直しの合間にオリジナルのマスクを作っているのですが、自分でパターンを作っておきながらそれがまたややこしくて、
お直しをしている方がずっと楽~_~; なーんて思いながら、お直しの写真を撮るのを忘れてしまっています。

今日のお直しは、可愛いブラウスとは裏腹に大きく開いた大胆な後開きを当て布で解消するという、マスクに比べたらとても簡単なものです。

レース使いが可愛いインポートのコットンブラウスです。

なんでこんなに可愛いのにこんなに大胆に後ろを開けるんだろう?もうちょっと開きが小さければ一枚で着れるし恥ずかしくないし何の躊躇もなく買えるのに。
これが殆どのお客様のご意見。
私も同じ。

素材もデザインもちょっと変わった素敵なものが多いインポートの商品ですが、このたぐいの、何で?ここまでしなくても…というのが非常に多いのもインポート商品の特徴です。
服に対する考え方や文化の違いは論じていても終わらないので、気に入ったものは全て「お直し有き」で仕入れる事にしています。
それだけ魅力のある商品だから、これなら直せると思ったものは諦めずに仕入れてしまいます。

デザイナーのこだわりは、その服を選んだという時点で伝わるものだと思うし、買う方にしてみれば、せっかく気に入ったのに「こういうデザインなんです」で済まされたらそこで終わってしまう。気に入ったものを諦めずにすんなり買いたい気持ちは、仕入れる側も買う側も同じで、要は安心感が欲しいんです。

大人のお洒落は着心地の良さから
50を過ぎたら我慢しないで自分の好きな物だけを気持ち良く安心して着たいですよね。




なので、ここに当て布をします。



リボンと色が合うジョーゼットの楊柳素材です。
襟ぐり側を巻きロック始末、回りは普通のロック始末をします。





ボディに着せてしつけ留め。
あ、この当て布のパターンも先にこの様にボディに着せて型をとったものです。




ぐるっと留めたら表側からステッチで叩きます。





うん、自然^^



リボンは留めなくても大丈夫そうでしたが、何回か着ているうちに崩れてきそうなのでスッテチを叩いて留めておきます。
その都度リボンを結ぶのも面倒だし、後リボンなので出先で崩れたら…厄介ですし。





もう出来上がり、ビフォーアフターです。








E様♡いつもありがとうございます。
この画像を撮らせて頂いたのは7月の初め頃、リボンは崩れていませんか^^






今日も最後までご覧頂きましてありがとうございました。
良い一日になりますように☆



この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です