50代からの心地良いお洒落のためのブログ

リメイク カットソー アームホールを大きく

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

♡永遠の課題・アームホール

こんにちは(*^^*)
ここ何日か極端な寒さで、目眩や風邪に悩まされている方が多いですね。
急に寒くなると、体が付いて行けなくて神経のバランスも崩れてしまう。。。
でも思い出してみたら、去年の冬はもっと寒かったんですよね((+_+))
王道ですが、うがい手洗い忘れずに!
そして、ちょっとでも、あれ?なんか変かも、と思ったら即座に葛根湯!
あれ?の時点で飲めば効果抜群風邪知らず☆これで何回助けられたか♡
合言葉は「うがい手洗い即葛根湯!」
お大事になさって下さい!

身頃がどっと幅広で、ラウンドした肩から細いお袖がひょろんと付いている。
このシルエット、ニットでもカットソーでも最近よく見かけます。
でもこれ、お腕…二の腕を気にされている人からは敬遠されがち(+o+)
「たまにはこんなカジュアルっぽいのも着てみようかな」
せっかくのチャレンジ意欲に水を差す!二の腕は女性の永遠の課題なのです!
リメイク ネイビーアームホール①

長袖を七分袖に、
リメイク ネイビーアームホール②

カットした生地を利用して袖幅を広げます。
リメイク ネイビーアームホール③

なるべく長めの七分にしたいのでK様の七分丈ギリギリでカット。
袖口がゴロつかない様に、薄手のカット素材で袖口を始末します。
リメイク ネイビーアームホール④

足した袖下部分は元の袖口をそのまま使います。
リメイク ネイビーアームホール⑤

こんな感じです。
元の袖口との段差を最小限に、極力スッキリさせたい。
リメイク ネイビーアームホール⑥

袖口をまつって、袖を付けて、
リメイク ネイビーアームホール⑦

たっぷりゆったりシルエットに変身。
リメイク ネイビーアームホール⑧

後ろが合皮チックな柔らかストレッチ素材、裾にレース、ネイビーが素敵です。
いつもお洒落なK様♡
「たまにはこんな感じ」を、着心地良~く楽しんで下さいね~(@^^)/~~~
リメイク ネイビーアームホール⑨

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です