50代からの心地良いお洒落のためのブログ

展示会☆立場が変わって見えるもの

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

こんにちは(*^^*) セレクトショップネオです♪

日本メーカーさんの展示会へ行って来ました。
春夏と秋冬、各シーズン2回から4回、毎回沢山のサンプルが並びます。

メーカーにいた頃は、展示会前になると毎晩のように残業が続き、帰宅が午前様になる事もしょっちゅうでした。
そのシーズンの企画を出して、まず営業にプレゼン,OKが出たらパターンを起こして型紙カット、用尺を出す為の型入れをしてから仕様書を作って着分と付属を揃えてサンプル屋さんに出します。
営業用パターンを作り、出来上がったサンプルを展示会前日に夜中までかかって飾り付け。
お客様を迎えて商品の説明をしたり試着をしたり、バイヤーさんの意見も聞きながら受注をとって。
展示会が終わったら、営業と企画が集まって受注結果を見ながらサンプル大修正大会。
それから本番の製品生産作業の始まりです。
サンプル修正会ではバイヤーさんの様々な意見が報告されます。
たとえば夏物の袖、「あとちょっと長ければ」とか「ノースリーブじゃなくてキャップでもちょっとで良いから袖を付けて欲しい」そんな意見が毎回のように出ます。
が、企画から見たら「この型はノースリーブの方が可愛い、この袖を長くしたらおばさんっぽくなってしまう」となります。
こうなると売りたい営業とデザイン重視の企画の戦いになり、そのメーカーで立場が強い方の意見が通りがちに。
私がいたメーカーは企画が断然強かった。良い物なんだから売れるはず、在庫になっても最後は営業が捌いてくれる。
あの時代だからまかり通った商品作りでした(~_~;)

お店の立場になって展示会へ出向き、商品を見ながら「これ、すごく良いけどもう少しアームが大きければ..こっちは衿ぐりがもうちょっと小さければ..」なんて、あの頃のバイヤーさんと同じ事を言っている
お店に立ってお客様と接して、身にしみて分かる商品のあり方。
その一枚を着るのは一人一人のお客様で、サイズも好みも人それぞれ。
作る人、売る人、着る人も立場の違いはありますが、その一枚には全ての人の手がかかり、色んな思いが込められている、そんな事を考えながら久しぶりの満員電車で帰って来ました

今日はお腕に優しい♡七分袖のTシャツをご紹介致します。
柔らかくて着心地抜群のインポートTシャツ、2色展開です。
七分袖Tシャツ1

ロゴとラメ糸ニットの切替えが素敵です。
七分袖Tシャツ2

七分袖Tシャツ3

七分袖Tシャツ4

七分袖Tシャツ5

七分袖Tシャツ6

七分袖Tシャツ7
素材/ヴィスコース,エラスタン
(ラメニット/ポリエステル,ポリアミド)        お値段 ¥12,800+税


リメイク&お直しは、お客様に合わせてすべてネオの店長がさせて頂いております。
お買上げ時のリメイク&お直しの技術料金はサービスです(^^)v

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます!cid_01@170412_014611.gif

</a href=”https:>

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です