50代からの心地良いお洒落のために♡

和製英語のGジャンは素敵な定番商品です

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指して一枚一枚お直しリメイクを実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

こんにちは(*^^*) セレクトショップネオです♪

Gジャンはデニム素材のジャンパーの事。Gパンはジーンズの事。
デニムはDENIMだからDジャンで、ジーンズはJEANSだからJパンじゃないとおかしい。
Gとは戦後日本に来た進駐軍GIのGで、彼らが穿いていたジーンズのパンツを見てGIが穿いているパンツ=Gパンになった和製英語です。
ジャンパーは丈の短いジャケットの事ですが、英語でジャンパーは袖無しワンピースをさし、イギリスではニットのプルオーバーをさします。
なので日本以外では、ジャンパーではなく、ブルゾンやショートジャケットと言った方が通じます。
ちなみにスタジャン(スタジアムジャンパー)やスカジャン(横須賀ジャンパー)も和製英語ですので通じません

H様♡とH様♡(^^)v
衿なしGジャン1

今日は、衿なしGジャンのお直しです。
衿なしGジャン2

袖丈を5.5cm短くします。
衿なしGジャン3

今年人気のフリンジ仕立てです。
ブリーチ加工の商品ですので、この切替え布を残して仕上げます。
衿なしGジャン4

袖下を外します。
衿なしGジャン5

カット分を切替え布ギリギリの位置で接ぎます。
ずれないようにコバ分を留め付けておきます。
衿なしGジャン6

接ぎます。
衿なしGジャン7

キワに綺麗に接げたら、
衿なしGジャン8

しつけを取り、
衿なしGジャン9

余分をカットして縫い代始末。
衿なしGジャン10

縫い代を落ち着かせる為に切替え布の上からステッチで押さえます。
衿なしGジャン11

袖下を自然に繋げて接ぎます。
衿なしGジャン12

袖口縫い代を綺麗に始末して、アイロン様で落ち着かせて出来上がりです。
衿なしGジャン13

ビフォーアフター、微妙ですね(・・;)
衿なしGジャン14

今回ご協力頂いたH様♡とH様♡いつもありがとうございますm(__)m
お直し箇所もイニシャルも♡たまたま同じ偶然です!
お陰さまで上の楽しいアフター写真が撮れました
お洒落で着やすいジャケットで素敵に冷房対策して下さいね(^.^)/~~~
衿なしGジャン15-1

衿なしGジャン16-1


リメイク&お直しは、お客様に合わせてすべてネオの店長がさせて頂いております。
 お買上げ時のリメイク&お直しの技術料金はサービスです(^^)v

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます!cid_01@170412_014611.gif

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指して一枚一枚お直しリメイクを実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です