50代からの心地良いお洒落のためのブログ

袖丈もジャストフィット*シャツジャケットの巻

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

こんにちは(*^^*) セレクトショップネオです♪

既製品の長袖は袖丈が長めの物が多いですね。
秋冬のアウターは長いまま着ている方をよく見かけますが(^^ゞ 今は夏ロールアップするにしても,ちゃんと伸ばしてセットした時に自分にピッタリの袖丈になっていて欲しいものです。
特にインポートの袖は長~くて、長袖は殆どの方がお直しになります。
人の手の中指の先端から先端までが大体その人の身長ですので、インポートの袖丈が長いのは当たり前ですね。
試しに壁にへばりついて測ってみて下さい(^^)腕がつらない様にご注意下さいね😅

今日はインポートのシャツジャケットの袖丈を短くします。
M様♡いつもありがとうございますm(__)m
デニムシャツ1

こちらがビフォー♡はい、長いです!
デニムシャツ1-2

約8cm短くします。
デニムシャツ2

短冊とカフスを外して… 実はワタクシ短冊仕立てがちょっとばかり苦手です😅
デニムシャツ3

袖丈を短くした割合で短冊の長さも少し短くして大体の位置を決めます。
短冊下側にスリット部分を挟み込みます。
デニムシャツ4

短冊上側を乗せて、
デニムシャツ5

ぐるっと叩き付けます。
デニムシャツ6

無事終了、ここまで来れば大丈(^^)v
デニムシャツ7

カフスに挟み込んで出来上がりです。
デニムシャツ8

ビフォーアフターです。
M様♡撮影にご協力頂きましてありがとうございますm(__)m
かるく羽織ってお洒落に冷房対策して下さいね(@^^)/~~~
デニムシャツ9


リメイク&お直しは、お客様に合わせてすべてネオの店長がさせて頂いております。
 お買上げ時のリメイク&お直しの技術料金はサービスです(^^)v

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます!cid_01@170412_014611.gif

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です