50代からの心地良いお洒落のために♡

綺麗なブラウスをきちんと着る☆袖丈ジャストサイズ

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指して一枚一枚お直しリメイクを実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

♡久々のドキドキ

こんばんは(*^^*) セレクトショップネオです♪
心地良いお洒落をモットーに、
ネオ独自のアレンジで
大人のコーディネートをお手伝いさせて頂きます(*^^)

今日は昨日ご紹介したcop-copineのピンタックブラウスの袖丈のお直しをご紹介させて頂きます。
ただお袖丈をお直ししただけなので普段ならブログのメイン記事にはならないのですが、久々にめっちゃ焦ったお直しだったので、記念に残しておきたいと思いました。
自己満足でスミマセン^^;よろしければお付き合いください♡
5.jpg

インポートのトップスはどれも袖丈が長~く、長袖の場合ほぼ100%お直しが入ります。
お袖丈が長いと着られた感バリバリで、どんなにデザインや素材が良くても格好がつかず、お洒落に着こなす事は出来ません。
お袖をまくってサマになるのは、フルの長さがきちんと合っているからこそで、ジャケットを着る時の事を考えたら尚更です。
なにより折り目が付きっぱなしの袖なんて不憫でカワイソウ。
気に入った服だからこそ、体に合わせて大切に格好良く着たいですね。

ブルーのピンタックがポイントのcop-copineのブラウスをK様♡に合わせてお袖丈を直します。
K様♡いつもありがとうございますm(__)m
3.jpg

カフスを外して余分をカットして
6.jpg

ここをカフスに挟み込みます。
7.jpg

挟み込むのですが…
普通の開きのある仕立てではなく、カフスにタックをとって釦ホールを開けてあるので、
8.jpg

折られた状態でここに袖を挟み込みます。
9.jpg

ぐるりカフスの出来上がりに袖口を合せて袖下で調整し、
10.jpg

中間アイロン様で縫い代を倒します。
11.jpg

挟み込んで、
12.jpg

マチ針だけでは絶対にずれる自信があるので、 しつけ留めをします。
ずれない様にしっかりと
13.jpg

縫って、、、2回失敗
ぐるりとミシンが入らなかったので、両方向から縫ってタックの裏側に繋ぎ目を入れました。
14.jpg
15363155997943.jpg

出来ないかも?と焦りましたがなんとか成功(^^)v
落ち着いて考えたら、カフスに飾りステッチを叩いて手縫いで挟み込んでも良かったかな?と…
でも多分次もまたこのやり方でトライすると思います^^;
15.jpg

無事ビフォーアフターです(^^)v
たくし上げてもそのままでも、快適に着て頂けますね。
16.jpg

最後までお付き合い頂きましてありがとうございますm(__)m
外はすごい雨が降って来ました☂
明日も元気に☆頑張りましょうね!

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指して一枚一枚お直しリメイクを実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です