50代からの心地良いお洒落のためのブログ

ブログからのお客様のスカートとパンツのお直しは身長154㎝のボトムス

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」
という信念のもとに50代からのお洒落を楽しむための商品をセレクトしています。
そしてそれを着た全てのお客様が笑顔になれる為に、お客様お一人お一人に合せたお直し&リメイクもサービスの一環として自ら実践しています。
オンリーワンの着心地で、心地良い大人のお洒落をご一緒に!
よろしくお願い致します♡



ご訪問ありがとうございます!
50代からのファッション
豊中セレクトショップネオのブログです♪





お休み最終日の本日は、ブログからのお客様のボトムスのお直しを2つご紹介させて頂きます。

お直しって何?の方は「ネオのお直し・リメイクについて」もご覧ください^^



いつもブログからネオの商品をお買い上げ頂いているお客さまには、直接商品を手に取ってご覧頂く事が出来ないので、なるべく分かり易くご説明する事を心掛けていますが、逆の立場で考えればやっぱり不安があると思います。
特にサイズ感は実際着てみないと中々分からないし、50代からの大人の体型は十人十色でお悩みも多くなってくる。
元々ネオのお直しは、好きな服を諦めずに心地良く着て頂く事を目指して始めたものなので、お直しの仕方も十人十色&臨機応変に、いつも頭を柔らか~くして考えながらやっています。
なので実際手に取って見れない分、サイズ感に不安のある方は何でも良いのでぶつけてみてください。
50代からの心地よいお洒落の為に、お店と一緒に歩んできたネオのお直しの手が、きっとお役に立てると思います(^^)v




今日のお直しは、身長154cmの方のボトムスを2型ご紹介させて頂きます。
なぜか身長154cmの方が多いネオのお客様。
同じ身長でも体型は十人十色で悩みどころも人それぞれだから、具体的にアレコレお話しして頂けると私も実感が湧いて、痒い所に手が届き→結果着心地も良くなります^^


最初はこちらの爽やかなしょわしょわスカートです。
身長154cmのA様、いつもありがとうございます♡
載せるのがだいぶ遅くなってしまいました。

このしょわしょわ感が気に入って頂いてお買い上げ頂いたスカート。
身長163cmでもこの長さ、長いですよね。



あ、お直しの記事ですので今日はちょっと長いです。

ボディに着せるとこんな感じで

裾がちょっとイレギュラーになっています。



でも、ここがちょっと気になる

こういう円形のスカートは、時間が経つとどうしてもバイヤス部分が伸びてきて、穿いてしまえば気にならないんだけど、気づいてしまったからにはこのままお渡しする訳にもいかず、丈のお直しが無くてもいつもお直ししてから販売する事になります💦




広げて置くとこんな感じで

フレアースカートやプリーツスカートの裾上げは、床上何㎝で測って決める事が多いのですが、


こんな感じで

こちらもブログからのお客様のスカートのお直し





これはちょっとイレギュラースカートなので、長さを決めて裾から何㎝でカットします。

こんな感じで




カットしたらボディに着せて確認

大丈夫、綺麗なちょっとイレギュラーになりました。





これが裾です。



裾上げの前に脇線と後中心の接ぎの切断部分を補強

これをしっかりしないと洗濯を繰り返した数年後にほつれてくる。



裾は三つ折りステッチ始末

アイロン様で端を押さえても跳ね返ってくる。
元気の良い素材☆


なのでアイロン様に頼らず、自分の腕を信じて一気にいきますV





ヨシ!

円形スカートの道のりはいつも長い!






次は裏地です。

カットしてこちらも三つ折りステッチ始末




裾を補強して三つ折りステッチを掛けたけど→ちょっとうねって気に食わない→もう一度やり直し



うん満足^^





最後に裏地と表側の縫い代を糸ループで綴じます。

これで分量の多い表と裏が落ち着いて、強風が吹いてもある程度までは大丈夫。





ビフォーアフターです。

このスカートが初のお買い上げだったA様♡最初からお直しでご不安だったと思いますが、すごく喜んで頂けたので嬉しかったです。
しょわしょわっと活躍しておりますでしょうか^^







続いてこちらのセットアップのパンツです。
こちらも身長154cmのM様、いつもありがとうございます♡





分量のある8分丈のパンツをM様に合わせて裾をカットして、ウエストゴム上がりをちょっとだけ大きくします。

↑裾線を決めた後に気が付いて写真を撮ったのでアイロン様の跡が付いてます。




先ずは裾。
ヘムをカットしながらロックを掛けます。




しつけ留め、なるべく際をすくいます。

こういう落ち感のある素材は、しつけ留め必須



しつけの際をミシンで叩いて





裾が出来上がり。

アイロン様は最後に。





続いてゴム上がりです。

ぐるっと一周幅広ゴムが通っていて、前は平坦に、後側にギャザー分を集中させています。




全く同じゴムがメーカーさんで手配出来ず、今回はネットで手配、ゴムの材料費はM様にご負担頂きました。




ゴムの接ぎのある側の内側の縫い目をほどいてゴムを全部抜き出します。

糸がめり込んでいるので慎重に。





黒いゴムが入っていました。

洋服の副資材って、選ぶ人によって感覚が違うので面白いです。
吊りテープに合わせたのかな?私はこの色なら吊りテープは黒、ゴムテープは白かな・・・
そうか💡この型はあとネイビーと黒があったので、生産のコストを考えたら黒ですね。透けないし。




ゴムを通して接ぎ合わせます。

ずれない様にしっかりと



ほどいたゴムの入り口をシッカリ渡り縫い


表側から落としミシンを掛けます。

落としミシンはゴムが動かない様に縦方向へ数か所。





平坦な前(ちょっと見え難い)と後側

最終アイロン様を掛けて出来上がり。






ビフォーアフターです。

色がかなり違いますがウエストも

M様、お直しもだいぶ慣れて頂いて、いつも本当にありがとうございます♡
オンリーワンを楽しんで頂いてますか^^





今日も長~く最後までご覧頂きましてありがとうございます。
昨日の夜にアップしたかったのですが、写真の整理に時間が掛かってしまいました。
豊中の今日の予報はまた雨ですが、今はまだ明るいです。
さっき地震がありました💦
異常気象にも天災にも、十分注意しましょうね!
良い一日になりますように☆






投票アンケートはこの下にあります↓

この記事を書いている人 - WRITER -
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」
という信念のもとに50代からのお洒落を楽しむための商品をセレクトしています。
そしてそれを着た全てのお客様が笑顔になれる為に、お客様お一人お一人に合せたお直し&リメイクもサービスの一環として自ら実践しています。
オンリーワンの着心地で、心地良い大人のお洒落をご一緒に!
よろしくお願い致します♡

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です