50代からの心地良いお洒落のためのブログ

ブログからお買上げ頂くお客様のお直し ラインやメールで具体的に分かり易くトーク 

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!





今日は、ブログから商品をお求め頂くお客様のお直しについてのお話です。

ネオではお客様の体型に合せて細かいお直しやリメイクをサービスでさせて頂いています。(具体的にはリメイクのカテゴリーからご覧ください)
実店舗のお客様と同じ様に、ショッピングページから商品をお買い上げ頂くお客様にも、ラインやメールで詳しくお話しながらその方に合せてお直しをさせて頂いています。

実際にご試着して頂いて直接ピン打ちが出来ないお直しですので、お一人お一人の詳しい寸法や具体的な体型、ご希望を伝えて頂き、ムクムク想像しながらの作業になります。
なのでなるべく詳しく「私の希望はこうなんだけどどう思う?」とか「ここが気になるけどどうにかなりますか」とか、具体的に何でも良いので数字以外のご要望を出来るだけ詳しく教えて頂くと、想像がグングン膨らんで「痒い所に手が届く」お直しが出来るようになります。

洋服をお直しする時、お直し箇所をピン打ちする人と、実際にその服をお直しする人が違うと「なんか違う」仕上がりになる。これはよく聞く話です。
私が実際ピン打ち出来ない遠方のお客様には、それをなるべく回避する為に、具体的な数字と好み(これ大事です)や体型の気になる箇所など、なるべく多くの情報を頂きたいのです。
同じ〇㎝でも、素材やデザインで仕上がりは変わり、体型の左右差や歪みでも「なんか違う」結果になってしまいます。
想像を膨らますための微妙なニュアンスがとても大切な、お直しの為のトークです。

お会いしたことのない方とお話ししながらその方の好みやこだわりを感じる事が出来れば、お一人お一人の体に合った着心地の良い仕上がりが実現できると思っています。
お直しカテゴリーの記事を見て頂いて「不可能はほぼない」ネオのリメイクを理解して頂いて^^; ご遠慮なくご相談ください。

例えば着丈の場合、お手持ちのアイテムを着て長さを決めて頂きます。
スカートの場合、ウエストベルトや裁ち上がりの長さと全体の長さを。
パンツの場合は、なるべく素材とシルエットの似たもので股下と前中心を測って頂きます。
ワンピースの着丈も、シルエットの似た物を着た状態で、バックネックポイント(頭を前に倒した時に出っ張る骨の位置)から裾までを測ります。
測った物の写真なども添付して頂くと尚よろし!です。






なので今日は、ブログからのお客様とトークだけでお直ししたプリーツスカートをご紹介させて頂こうと思います。

またまたマニアックでちょっと長いですが、最後までお付き合いください^^





流行りのロングスカートはスカート丈が85㎝とか90㎝とか…
身長が155㎝位までの方にとって、スカート丈80㎝以上はかなり長めに感じます。

ずるっと穿いたりウエストでクルクル折ったりしたら、せっかく綺麗なスカートのシルエットが台無しになります。
自分の「身長に合ったロングスカート」でなければ、大人のお洒落は楽しめません。





プリーツスカートの丈は床上がりから㎝を決めて平行になるように測ります。
これはかなり前のアコーディオンプリーツスカートの丈詰めの画像です。
インポートの商品で床上がりが微妙にガタガタで(^^;苦労した一枚です。






そしてこちらが今日ご紹介の元々が美しい仕上がりの裾線。





ボディに着せて元の床上がりをチェック。ほぼ完ペキな仕上がりです☆
元々が綺麗に仕上がっている商品のお直しは、サイズ変更がとてもスムーズ。
逆に縫製が丁寧すぎると、ほどくのに苦労します(余談)






ゴムを外して、




平行に吊って長さを確認、平たく置いて確認、ボディに着せて確認。





プリーツを綺麗に畳んでピン打ちした線を裏地まで通してしっかりしつけ留めします。




裏側のイセ具合が結構難しい。






もう一度ボディに着せて床上がりをチェックして、出来上がり線より若干下を案内線と固定の為に粗ミシンを掛けます。





多めに縫い代を付けて余分をカット。






プリーツを畳んで長さを再々々確認。






再びボディに着せてウエストをゴムで押さえて床上がりの長さを見ます。
プリーツスカートのお直しは、長さの確認に始まって長さの確認に終わる、という感じでしょうか💦






最終的に長さが決まったら、プリーツを落ち着かせるステッチをもう一本叩いてからロックミシンを掛け縫い代をカットします。
このスカートはウエストゴム仕様で、そのままの方と少し小さくした方がいらっしゃいます。





縮み分を分散してゴムを留め、






ゴムを伸ばしながらプリーツと接ぎ合わせて、
ゴムがピクピクしているので、アイロン様で落ち着かせて出来上がり。






ビフォーアフターです。
スカート丈は約12㎝カットして出来上がりはベルトを含めて75㎝です。






グレーのプリーツスカートも画像を用意したのですが、恐ろしく長くなりそうなので、またの機会に致します(^^;



今日も長~く最後までご覧頂きましてありがとうございました。
50代からの大人のお洒落は着心地の良さから!
色々お話ししながらの作業は想像力満開の頭の体操です。
オンリーワンの着心地を実現!できますように☆




この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です