50代からの心地良いお洒落のために♡

背の低い女性のガウチョ♪バランスをとりましょう

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指して一枚一枚お直しリメイクを実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

こんにちは(*^^*) セレクトショップネオです♪

嫌いな家事ランキングでいつも上位にいるのがアイロン掛けだそうです。
出来るだけアイロンは掛けたくない。
特にワイシャツは難しいし面倒くさいですよね。
ワイシャツにアイロンを掛ける時は、小さいパーツから、まず衿→カフス→袖→前身頃→後身頃。
衿やカフスを掛ける時は左手で端を押さえて反対側の端から中心に向かって真っすぐ、中心まで行ったら反対側の端からまた中心に向かって掛ける。押さえる様に真っすぐゆっくり、でも焦げないように、くねくね動かしながら掛けてはいけません。シワになります。
アイロン教室みたいになってしまいますね(^^ゞ
ワイシャツでもハンカチでも、楽に綺麗な仕上がりを目指すなら脱水せずに乾かしましょう。そこからスタートすれば結果はかなり違います。
それから、生地には伸びる方向と伸びない方向があるので、アイロンをかける時はまず伸びない方向からかけます。そうすると全体が安定し、最後まで掛け易くなります。
掛ける前に全体に霧吹きしておくのも効果的ですね。
最近の家庭用アイロンはスチームもパワーがあって進歩してますので、お店でも家庭用アイロンを使っています。
ほぼ毎日酷使しているうちの子は、必然的に働き者になり寿命は約一年と短いですが、縫い目や仕上がりを美しくする為に無くてはならないアイロン様は、大切な私のパートナーです♡

今日は、切替えがお洒落なガウチョの丈を短くします。
ちょっと前に同じ型のウエストゴム直しをご紹介しました(^^)v
ジャージガウチョ丈1

M様♡に丈を合わせます。
全体のバランスが崩れない様に本体側と切替布側それぞれで調整してカットします。
ジャージガウチョ丈2

脇線と股下線のカットした部分がほつれてこない様に叩きます。
ジャージガウチョ丈3

本体と切替え布の縫い目線を合わせます。
ジャージガウチョ丈4

接いでロック始末をして、
ジャージガウチョ丈5

これからアイロン様で押さえます。
ジャージガウチョ丈6

スチームを吹かしながら生地ギリギリに掛けます。
決して生地に触れてはいけません。
この素材はアイロンの当たりがバッチリ出る素材です(^^ゞ
ジャージガウチョ丈7

以前ブログにも書いた事がありますが、スチームを掛けてすぐさま雑誌を乗せます。
これで蒸気を雑誌に移すと、綺麗に縫い代が倒れます。
ジャージガウチョ丈8

こうするとちょっと当たりが出るので、すぐまた軽く蒸気を吹かします。
縫い代がシッカリ倒れているので、蒸気を掛けても落ち着いています。
ジャージガウチョ丈9

ジャージガウチョ丈10

差が分かり難いですね(^^ゞ
ジャージガウチョ丈11

ビフォーアフターです。
アイロン掛けもリメイクも、上達するにはやっぱり回数をこなす事。。。
達人になるその日まで、まだまだ先は長いでございまするぅ(^.^)/~~~
ジャージガウチョ丈12


リメイク&お直しは、お客様に合わせてすべてネオの店長がさせて頂いております。
 お買上げ時のリメイク&お直しの技術料金はサービスです(^^)v

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます!cid_01@170412_014611.gif

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指して一枚一枚お直しリメイクを実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です