50代からの心地良いお洒落のためのブログ

お客様コーデと久しぶりの帰省で思う事  番外編です

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」
という信念のもとに50代からのお洒落を楽しむための商品をセレクトしています。
そしてそれを着た全てのお客様が笑顔になれる為に、お客様お一人お一人に合せたお直し&リメイクもサービスの一環として自ら実践しています。
オンリーワンの着心地で、心地良い大人のお洒落をご一緒に!
よろしくお願い致します♡

ご訪問ありがとうございます!
50代からのファッション
豊中セレクトショップネオのブログです♪





ネオの服をお洒落に着こなしてご来店されるお客様にお写真を撮らせてもらおうと思いつつ、いつもお話ししているうちに忘れてしまいシャッターチャンスを逃してしまうのですが、この日は何もかもタイミングが良く撮らして頂く事が出来ました👍

お近くにお住いのM様♡お散歩がてらの時もお稽古の帰りの時も、いつもお洒落にご来店。
この日は大好きなグレーをピンクで明るくカジュアルに合わせていらっしゃいました。

お袖が可愛いインポートのレイヤートップにくすみピンクのクロップドパンツを合わせて、ストールとスニーカーを白グレーのコンビで統一、マスクもポシェットもピンクの全身ネオコーデ。
まだ肌寒かった5月後半、徒歩圏内のお店まで、明るくカジュアルにワンマイルコーデです。




うって変わって真夏の様な昨日の日曜日
久々にオーナーの実家へ里帰り。
とは言っても京都なのですぐそこですが🚙このご時世、お正月以来の帰省になりました。
お店を始めて大阪へ越してきてからは、盆暮れ正月、お誕生日、父の日母の日等々、イベント毎に帰っては食事をしたり一緒に遊びに行ったり、そんな恒例行事もコロナでとぎれとぎれになっています。
たまに会う80代の両親の変化というのは、70代の頃の安定した雰囲気とは違う、老いを現実のものとして受け入れなければいけない覚悟を迫られるものがあります。
腰の手術以来足腰はだいぶ弱くなっている母(義母という字があまり好きではない)ですが、まだまだ頭はしっかり、ちょっと前に久しぶりに電話した時も「えらいお久しぶりですなぁ、お元気どしたかぁ?」って😆(音声付じゃないのが残念!)思わず皆で大爆笑でしたが、これって本音ですよね。
実家の母の物忘れが激しくなってから一年以上、一日2回毎日電話で話して(いつも同じことを)、毎週日曜日には親つくを送っていますが、まだまだ頭が元気でいつでも会える距離にいる京都の母の方はどうしても疎かになってしまっている。
80代90代の親が両両親共に健在、そんな奇跡みたいな事実にもっと感謝しなくては絶対に後悔する。
誰もが通る道を現実のものとして受け入れながら親に向き合うのは、人それぞれ環境もそれぞれで正解も多分出ない。
だから自己満足でも何でも、自分が後悔しない為の行動をしていれば、結果なんとかなるのではと思うようにしています。
子供のいない自分の、近い将来必ずやって来る老後の生活のヒントにもなるのかなと。

次元も内容も全くぜーんぜん違いますが、トップガンマーヴェリックの為に来日していたトム・クルーズが、同い年の軽部さんからどうすれば貴方の様になれるかと質問されジムに通ったらと提案、すると朝が早い仕事だからとためらう軽部さんに対して「私も朝が早いです。自分でやると決めれば出来る」とサラリと言っていたのが何だかぐっと響いてしまいました。
59歳にしてあの強靭な体力と精神力を維持し続けている人の言葉ならではの説得力があって。
タラレバの多い人間も本当にそうなりたいと思ったら、一度やると決めてみる。
どんな事でもそこからがスタートなのかなと。


今日も最後までご覧頂きましてありがとうございます^^
トップガン、観に行こうと思ってます。
今週も頑張りましょうね!


この記事を書いている人 - WRITER -
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」
という信念のもとに50代からのお洒落を楽しむための商品をセレクトしています。
そしてそれを着た全てのお客様が笑顔になれる為に、お客様お一人お一人に合せたお直し&リメイクもサービスの一環として自ら実践しています。
オンリーワンの着心地で、心地良い大人のお洒落をご一緒に!
よろしくお願い致します♡