50代からの心地良いお洒落のために♡

まち針をなくさない方法♪番外編PartⅡ私のピンクッション

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

こんにちは(*^_^*)
セレクトショップネオです♪

お店でお直しのピン打ちをする店員さんや,お家で裁縫をしている人は、マチ針をよく使うと思います。
マチ針は無くしたら大変、焦って焦って探しまくりますよね。
取扱いには十分気を付けていても、忙しい時にはつい注意力がそれてしまいます。
「針一本でメーカーが潰れる」と言われるほど針の扱いには注意が必要です。
無くしたと気が付いた時には、記憶をたどって磁石片手に這いつくばって探すしかありませんが、まずは絶対に無くさない事が一番ですよね。

ピンクッションに付けている針の数を決めておいて、その都度本数を確かめるのは大切な事ですが、何十本も毎回数えるのはちょっと面倒です。
なので私は色違いのマチ針を5本ずつ写真の様にさしておきます。
使った後は必ず同色でかためて5本ずつ、こうしておくと一目瞭然☆
もちろん合計本数は覚えておかないといけませんが、一度に5本無くなる事はまずありませんので大丈夫。
一目瞭然にして常に5本ずつ数えましょう。簡単でしょ☆

それから、縫い針は絶対に同じピンクッションにさしてはいけません。
特に糸が付いたままの針を同じピンクッションにさすと、取る時にマチ針が一緒に付いてきて無くなる原因になります。
縫い針は縫い針、マチ針はマチ針、それぞれお家を作ってあげましょう(^^)v

マチ針1


リメイク&お直しは、お客様に合わせてすべてネオの店長がさせて頂いております。
 お買上げ時のリメイク&お直しの技術料金はサービスです(^^)v

いつもブログをご覧頂きましてありがとうございます!cid_01@170412_014611.gif

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です