50代からの心地良いお洒落のために♡

何を着たら良いか分からなくなった時 over50の服迷子

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

♡持ち歩けるマイクローゼット

おはようございます(*^^*)セレクトショップネオです♪

50代になった頃から何を着たら良いのか分からなくなった。
何処で服を買ったら良いのか分からない。
最近そんなお悩みをよく聞きます。
60代70代でもそれは同じ事で、若い頃の様にシーズン毎の流行に「右へ倣え」の恰好に抵抗感が出てしまう。
それでも一応トレンドは頭に入れて、若すぎない、オバサンっぽくない、落ち着いた自分なりのお洒落をしたいけれど、丁度良い洋服が中々見つからない。
そう思うのは、年齢を重ねファッション経験も豊富になって、特に意識していなくても目は肥えて、自分自身を満足させる為のハードルが自然に上がっているからです。
何を着たら良いのか悩んでいる人はお洒落意識が高い証拠で、ファッションに興味のない人は何を着たら良いのか?なんて悩まないし、ファッションブログも見ませんよね。

マイクローゼット1

ファッションが熟年時代に入った日本では、昔の様に今年はコレ!というトレンド商品が出難くなっています。
特にミセスが対象の市場は悩みどころで、消費者が何を買ったら良いのか分からなくなっている以上に、メーカーが何を作ったら良いのか分からなくなっているのも事実です。

市場の売上げが良くない、何を作ったら良いか分からない、当然型数も減ってくる、自社生産が減ってOEM(製造メーカーが他社ブランドの製品を製造する事)が多くなると市場は似た様な商品が多くなります。
製造メーカーがA社B社C社など複数のブランドの製品を作るのですから当然かもしれません。

これは洋服に限らずですが、売れ線を狙ったOEMは、大元の工場が同じなら、メーカーが違っても何となく同じような横並びの出来上がりになって、益々魅力的な面白い商品は減ってきます。

生産者側がそうなると「うちはコレだ」ととんがって我が道を行くお店以外は、ほとんどのお店が迷い、特に50代からをターゲットにしているお店は、ストライクゾーンの商品を見つけるのに本当に苦労していると思います。
お店もお客様と同様に「丁度良い」お洒落な洋服を探しているのです。
作り手売り手が悩んでいるのだから、消費者が迷うのは当り前ですよね。
と、ちょっと脱線気味になりました(^^ゞ

何を着たら良いか分からなくなったからといって、今持っている服を全とっかえして新たに自分のスタイルを作る、なんて訳には中々いきません。
なので、まずは今自分が持っている洋服を全部把握するんです。
その為に、今持っている服を全部写真に撮りませんか?全部です。

アイテム毎にスマホでどんどん撮っていきます。
最初はボトムス。パンツ、スカート、ジャンパースカートなどです。
全部撮れたら大まかにシルエットやシーズン、素材など自分が分かり易い様に並べてアルバムを作ります。
アルバムの名前は例えば「マイクローゼット・ボトムス」

次はコート類(室内に入ったら脱ぐ物、外套です)
同じように「マイクローゼット・コート」

そして羽織り物。ジャケットやカーディガン、ベストなど。
コーディネートを分かり易くする為に、室内でも着ていられる物と脱ぐ物に分けておくのがポイントです。
「マイクローゼット・羽織り物」

次はワンピース。一枚で着られる物です。
「マイクローゼット・・ワンピース」

最後にトップスです。
トップスは一番種類が多いので、シャツやブラウス、ニットやTシャツ、チュニック等に分けてそれぞれシーズンで並べると分かり易いと思います。
「マイクローゼット・シャツ&ブラウス」「マイクローゼット・ニット&カットソー」「マイクローゼット・チュニック」など。

そして余裕があれば「靴」も。
お洒落は足元から「靴」は結構重要です。
あとはストールやバッグ、アクセサリーも、徹底したい完璧主義さんはどこまでも^^;

どうしても全部は無理!な方は、ボトムスだけでも。
ボトムスさえ把握できればコーディネートはぐっとし易くなります。
20190122194730856_2019012303134279f.jpg

ラインで一人グループを作って、アルバムを作成しておいても便利ですね。
マイクローゼット3

こうしてアルバムを作って自分の持っている服を客観的に眺めると、色々な発見があります。
こんなに沢山洋服を持っているんだと殆どの方がびっくりすると思います。
でも、実際に着ている服はごくわずか。
数枚を回してワンシーズンが終わっているなんて事もあるのではないでしょうか。
そして、よく着ている服と何年も着ていない服が一目瞭然になって、必要かそうでないかが分かってきます。
逆に今までは組合わせなかった物同士が意外と合うかも?と復活したり。

大がかりな断捨離も、服を全部出して実際に手に取りながら要るか要らないかを判断して分けていくより、写真で全体を見ながら判断した方が驚くほど簡単で分かり易いです。
捨てるか取っておくかは別として、着なそうな物は一か所にアイテム毎にまとめておいて後々判断すれば良い事ですし、時間がある方は一気に整理してしまえば一石二鳥です。

そして新しい服を買う時も、アルバムを見れば組合わせるボトムスやトップスを持っているかがすぐに分かります。
季節の初めに洋服を見に行って、「去年何着てたっけ?整理しないと分からない」なんて事もなくなります。
足りない物と要らない物が分かれば無駄な買い物をしないで済むので、その分でちょっとグレードアップしたり必要な物を足したり、プラスαお洒落の幅が広がって自然と質も上がりセンスアップに繋がります。

春物が店頭に並び始めて、そろそろ今年の春はどうしようかな?と考え始めている方も多いと思います。
タイムリーに一気に写真を撮って、持ち歩ける一目瞭然の「マイクローゼット」を作ってみませんか?
まずは足元を固めて、服迷子から脱出。
今年の春は新たな気持ちで服を選んで、お洒落なコーディネートをご一緒に考えましょう(^^)v

今日も最後までご覧頂きましてありがとうございました。
良い一日になりますように☆

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です