50代からの心地良いお洒落のために♡

自分の洋服 好みに合わせて体型に合わせて ニットの袖丈短くお直し 

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

♡よく着る服になってほしい

ご訪問ありがとうございます(*^^*)
豊中セレクトショップネオです♪
50代からの心地良いお洒落をモットーに、
ネオ独自のアレンジで
大人のコーディネートをお手伝いさせて頂きます(*^^)

プロフィールページ只今作成中ですので少々お待ちください。
プロフィール

今日はお久しぶりにお直しのご紹介です。
ちょうど同型お色違いのトップスを、M様♡Y様それぞれお好みの袖口にお直し致しました。
今日は記事ちょっと長いです^_^;
ボーダーニットの袖丈2つ‐1

裾と袖口が配色になったクルーネックのボーダーニット、袖口が2段フリルになっています。
ボーダーニットの袖丈2つ‐2

この2段フリルがポイント… これを可愛いと言う人と、これが無ければと思う人がいる、のは明らかなデザインポイントです。
中肉の着易い素材感と配色の感じがお洒落で、個人的には1段でも良いいんじゃないかと思いながら、取ればOKを前提にセレクトした商品は、やっぱりお直しになりました☆
ボーダーニットの袖丈2つ‐3

最初はM様♡ 2段とも要りません。
お袖丈も若干短めの方が着易いし、この肉感にも合ってる♡
ボーダーニットの袖丈2つ‐4

ので、外します。
ボーダーニットの袖丈2つ‐5

そうなんです、フリルは後付けなのでほどいても本体の袖口はほどけません(^^)v
ボーダーニットの袖丈2つ‐6

ブルーの位置で終わるように袖口を2つ折りにしてステッチを叩きます。
ボーダーニットの袖丈2つ‐7

ベージュの2段目の位置にステッチが乗る様に。
ボーダーニットの袖丈2つ‐8

構造を理解してほどいてしまえば、あとは簡単もう出来上がり。
ボーダーニットの袖丈2つ‐9

ビフォーアフターです。
ボーダーニットの袖丈2つ‐10

次は小柄なY様♡ お袖丈がかなり長いのでフリルと本体でカットします。
Y様はフリル肯定派、でも2段はちょっと…
なので、フリルを1段にしてボーダーの配色は残し白黒部分で接いで短くします。
ボーダーニットの袖丈2つ‐11

下段のフリルをカットして目を拾い(過程画像撮り忘れました)、ロックを掛けて二つ折り、
ボーダーニットの袖丈2つ‐12

接ぎ目に落としステッチを叩いて始末します。
ボーダーニットの袖丈2つ‐13

こことここを接ぎ合わせます。
ボーダーニットの袖丈2つ‐14

袖下をある程度開き、ボーダーを合わせて接ぎ、
ボーダーニットの袖丈2つ‐15

余分をカットしてほどき、目を拾います。
ボーダーニットの袖丈2つ‐16

目の大きさはこんな位。
最近アリナミンEXとお友達^_^;
ボーダーニットの袖丈2つ‐16-2

袖下をミシンで接ぎ合わせます。
ボーダーニットの袖丈2つ‐17

縫い代をしっかりアイロン様で割って出来上がり。
ボーダーニットの袖丈2つ‐18

次は衿ぐりです。
一般的には良い塩梅のクルーネックでも、個人個人大きさには差があります。
Y様の良い塩梅にします。
ボーダーニットの袖丈2つ‐19

6コールか4コール
ボーダーニットの袖丈2つ‐20

6コールの方が落ち着きます。
ボーダーニットの袖丈2つ‐22

ゴムは何を使っているか、よく聞かれますので、ご紹介。
キヨハラの4コールから12コール。
ライクラ使用で白黒、ソフトと強力(ほとんどソフトを使用)があります。
ボーダーニットの袖丈2つ‐21

編み目に突き刺します。
編み目が小さくても大抵のニットは、先が丸いゴム通しを使ってクイクイッと入れていけば、元通りに穴が塞がるので大丈夫です。
ボーダーニットの袖丈2つ‐23

ね☆
ボーダーニットの袖丈2つ‐24

衿ぐりのビフォーアフター、微妙。。。
ボーダーニットの袖丈2つ‐25

全体のビフォーアフターです。
ボーダーニットの袖丈2つ‐26

「大人のお洒落は着心地の良さから」
第一印象で良いなと思った服も、実際着てみると、ん?何か違う、そういう事はよくあります。
印象が違うならやめれば良いし、部分的な不具合なら直せば良い。
口癖のように言っていますが、好きなのに体に合わないからと諦めるのは勿体ない、買っても着難くて着ないのはもっと勿体ないです。
洋服は市場に出た時点で、もう最終ユーザーの物です。
作る側から売る側、着る側も、全部経験して思いますが、デザイナーの拘りもイメージも、その服を選んだ人には十分伝わっています。
そのうえで着る人の好みや体型に合わせて、着易くて心地良い「自分の洋服」になれば良い、そう思いながらお直しをしています。
思いのある商品とそれを感じてくれるお客様がぴったりマッチしたら最高です☆

M様♡Y様、いつもありがとうございます♡
ボーダーニットの袖丈2つ‐27

♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 

長々と(‘◇’)ゞ今日も最後までご覧頂きましてありがとうございました。
良い週末になりますように☆

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です