50代からの心地良いお洒落のためのブログ

次亜塩素酸水の作り方

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!




ご訪問ありがとうございます。
セレクトショップネオです。



今日は番外編、先日お話しした次亜塩素酸水の作り方をご紹介します。
粉末の素を水と混ぜて作るだけのシンプルなものですが、詳しく知りたいというお話と、自身の忘備録という意味でも書いておこうと思います。

*先日とかぶりますが、用意したものから

次亜塩素酸水の素(若杉エンタープライズのジクロロイソシアヌル酸ナトリウム)

これ、私が買った時は余裕で買えたのですが、最近はどこも在庫切れで、楽天のサイトを見たら販売時間を決めて売っていました。
粉末で安定性があり長期保存出来るのと、値上げせずに売っているところも人気のようです。
今、衛生用品は本当に高いですよね。マスク用のガーゼやゴムもびっくりする値段で売ってます。必要な物が必要な時に高くなる、お正月やお盆の旅行、クリスマスケーキみたいです。アカンよね?そういうの。




ダイソーのスプレーボトル550㎖ (2種類の濃度を作ったので色違いで2色)
メガネ、ビニール手袋2枚、マスク




タニタのスケール
500mlのペットボトル2本(原液保存用とお水を入れる為のボトル)
粉末を乗せる四角い紙(後で写真出てきます)





*作り方

まず、必ずマスクと手袋をします。メガネも出来ればあった方が良いです。
粉末を水に溶かした時に、マスクをしていても一瞬かなりの刺激臭を感じますので注意してくださいね。
それからタニタのスケールは容器を乗せて0表示が出来ますが、そうでない物は容器の分を調整してください。

①粉末を乗せる為の四角い紙をスケールに乗せて0表示にします。
 単位はgです。





②粉末を1グラム図ります。
一応1g用のスプーンが付いてきますが、量った方が正確なので。





③ペットボトルをスケールに乗せて0表示にします。
 単位はmlです。





③粉末をペットボトルへ入れて→0表示にしてから→水を500ml入れます。





④しっかりフタをして、シャカシャカ振ってしっかり混ぜます。
これが濃度1000ppmの原液になり、これを希釈して各濃度の次亜塩素酸水を作ります。

400ppmは、ノロウイルスなどの緊急除菌用。
200ppmは、シンクのゴミ受け、まな板、ゴミ箱など汚れや臭いが厳しい場所の除菌と消毒用。ドアノブや手すりなども200ppmです。
100ppmは、臭いが気になる場所、下駄箱やトイレなどの消臭用。
50ppmは、キッズ用品やおもちゃの除菌、ペット容器の除菌、空間除菌など。




私は50ppmと200ppmの2種類を各本作って、自宅とお店に置いています。

まず、50ppmから。

1)スケールにパープルのボトルを乗せて0表示にします。
 単位はmlです。





2)次亜塩素酸水の原液を25ml入れます。(必ずマスクと手袋をしてね)





3)表示はそのまま水を足して500mlにします。





50ppmの出来上がり。
慣れればすごく簡単です(^^)v





次に200ppmです。
やり方は同じ、原液と水の量が違うだけです。

茶色のボトルをスケールの乗せて0表示→原液を100ml入れて→表示はそのまま、水を足して500mlにして出来上がり。





200ppmと50ppmです。
200ppmで手すりやドアノブ、電気のスイッチ、コード、テーブル、お風呂のカビ取りなど。窓のサッシもすごく綺麗になります(^^)v
50ppmは、空間除菌と、ヨーグルトや牛乳パック、袋物など買ってきた物全てにシュッシュしてから使っています。
生で食べる野菜にもシュッシュしてから水洗い、手指の除菌も50ppmが優しいです。





粉末のままでしたら2年以内、一度希釈してしまうと保存が効かないので、冷暗所に置いて原液も含めて2週間以内に使いきるようにとなっています。
シュッシュシュッシュとしていたら余裕で使い切ってしまいますので大丈夫。

シュッシュシュッシュで大丈夫大丈夫! 

根拠のある安心が1つでも多いと気持ちが落ち着きます♡




* * * * * * * * * *

ウォーキングをしていると、家の周りにも木や花がこんなに多かったんだと…しみじみ感じながらパチリ☆


今日も最後までご覧頂きましてありがとうございました。
明るい兆しが見えますように☆

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指したお直しリメイクを一枚一枚実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です