50代からの心地良いお洒落のために♡

ニットの毛玉取り 毛玉対策は優しくブラッシング

Keiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指して一枚一枚お直しリメイクを実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

♡毛玉にも優しく

今日は、冬のあったかニットにもれなく付いてくる迷惑な毛玉ちゃん対策です。
伸びる性質も毛玉も、ニットには付き物の現象です。
どちらも迷惑がらず優しく対応してあげてください。

毛玉は摩擦によって繊維と繊維が絡みあって出来る繊維の玉です。
髪の毛を指でクルクルすると毛が絡むのと同じ原理で、毛玉を放っておくと更に絡み合って取れ難くなります。

毛玉対策で一番効果的なのは日頃のお手入れ、ブラッシングです。
毛玉になり易いニットは「一回着たら「優しく」ブラッシング」をしてあげれば、毛玉はでき難くなります。
それから、アクリルが多いと毛玉になり易いと言われるのは、アクリルは強い繊維なので毛玉になるとしっかり定着?して取れ難くなるからです。
なり易いというより取れ難いと言った方が良いかもしれません。
カシミヤでもモヘアでもウール100%でも、値段にも関係なく、毛と毛が絡めば毛玉になります。
なので絡まない様に優しくブラッシングしてあげる事が効果的なのです。
でも、忙しいし面倒だし忘れるし^^; なので、出来てしまった毛玉は優しく取ってあげましょう。

まず、出来た毛玉を優しくブラッシングして起こします。
毛玉1

毛玉2

大きな毛玉は子バサミでカットします。
ハサミが素材と平行になるように持って素材を切らない様に注意しながら根気良くカットします。
毛玉3

便利な毛玉トルトルでもOKですが、これも素材に近ずけ過ぎには注意してください。
流行りのキッチンスポンジで毛玉を取る方法と、100均の毛玉取りでも試してみました。
が、どちらも強すぎて素材が可哀想でしたのでお薦めしません。
毛玉2-3

綺麗に取れたら最後に軽くブラッシングします。
毛玉4

毛玉5

そして、子バサミや毛玉取りでは日が暮れそうな時は、
ムシリ取る… 本当はダメです^^;
必ず最後に優しくブラッシング。
確実に素材は痛みますので、以後はブラッシングを心がけ、ここまでひどくならないうちにハサミでカットしてあげてくださいね。
毛玉6

毛玉7

今日のモデル、蘇ったオーナーのREPLAYのニットジャケットです(^-^)v
15467784475468.jpg

15467784474577.jpg

最後までご覧頂きましてありがとうございます。
今週も楽しい事が沢山ありますように☆

この記事を書いている人 - WRITER -
Keiko
セレクトショップネオの吉井佳子(よしいけいこ)です。 20年間アパレルメーカーでの企画・デザイナーを経て、2004年大阪府豊中市にお店をオープンしました。
50代からのお洒落を楽しむための商品セレクトと
「大人のお洒落は着心地の良さから始まる」という信念をもって、全てのお客様が心地良い笑顔になれる「オンリーワンの着心地」を目指して一枚一枚お直しリメイクを実践しています。
心地良い大人のお洒落をご一緒に♡どうぞ宜しくお願い致します!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です